s_lgf01a201304280800

夏には海に遊びに行く人は多いと思います。


でも、いざ海に遊びに行ったとしても何して遊んでいいのか分からない、
という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?


今回は、海での遊び方についてご紹介して行こうと思います!
これさえ知っておけば盛り上がる事間違いなし!

スポンサーリンク



スイカ割り



海での定番の遊びと言えばこれ!
目隠しをして棒を持ってスイカを叩き割るという遊びですね。


スイカを叩く人は目が見えないという不安感、そして指示を出す人は目隠しした人のよちよちした動きを楽しむことが出来ます。


自分の指示した方向に動いてくれるのは面白いですよね。(笑)スイカを叩く方も不安などが入り交じり、棒を振り下ろす瞬間のドキドキと言ったらありません!


見事スイカを叩き割ることが出来れば称賛の嵐が巻き起こるでしょうし、仮にもスイカを真っ二つに出来なかったとしてもそれはそれで笑いの渦に包まれるでしょうから、どっちに転んでも美味しいのがこのスイカ割りの魅力!


そして、何とスイカ割りにはルールがありましてね・・

・距離

スイカと人との間が5m以上7m以内。

・棒の種類

直径が5cm以内で、長さが1m20cm以内の棒で無ければならない。

・すいかの種類

スイカは必ず「日本産のスイカ」を用いらなければならない。

・審判について

審判はスイカが大好きでなければならない。
スイカの簡単なクイズに答えられなければ審判を行ってはならない

などと言った細かなルールがあるんですって。


何かもうスポーツのようですね・・。この先スイカ割りが競技として採用される日もそう遠くはない!?


ビーチバレー



ボールと2人以上いればどこでも遊ぶことが出来るビーチバレー。
こちらも特別な技術もいらないですので、どなたにも親しめる海の遊びとなっております。


砂浜に線を引いてコートを作って本格的なルールで楽しむも良し、単純にラリーを繰り返して遊ぶも良し、初級者から上級者まで楽しめることが出来ます。


ただ、ビーチバレーは風が強い日ですと、ボールが風に流されちゃいますのでそこがちょっとネックですかね・・。


海に遊びに行くときには風が強くならないことを祈りましょう!

サーフィン



ちょっと難易度は上がりますが、カッコいい男・女をアピールしたいのであればサーフィンはおススメ!
どんな荒波にも臆することなく水の上を駆け巡るその様は、見る者すべてを虜にすること間違いなしです。


ですが、やはり最初は何度も転覆してかっこ悪いとかろを見せつけてしまう事になるのは否めないですけどね・・。


最初から完璧にサーフィンが出来たなんて人はいません。諦めずに練習を続けていればいつかは完璧に波を乗りこなせるようになるはずですので頑張ってくださいね。


ただ、サーフィンを行う上での注意点が一つだけあります。それは、台風など風が強すぎる日には行わないようにすることです。


確かに風が強ければ波も高くなりますので挑戦したくなりますが、もしも失敗をして命を失った日には取り返しが付きませんよね。何よりも安全が第一です。


自分の実力ではこの波を危険無しに乗り越えることは出来ないな・・と少しでも感じるようであれば挑戦は持ち越しにしましょう。



スポンサーリンク



バーベキュー



潮の香りを堪能しながら皆でワイワイ盛り上がるバーベキューは格別!
摂れたての新鮮なお魚などを塩焼きにして食べるのも海ならではという感じがしますね。


スイカ割りやビーチバレーで疲れた後のお昼ご飯はバーベキューで決まり!


・・お肉だけでなく、健康のためにしっかりお野菜も食べましょうね・・?


ナンパ



彼女がいない勇気のある人はナンパをしてみるのもいいかもしれませんね。


ただ、ナンパを目的として海に遊びに行くのであれば少人数での活動をおススメしています。
グループで海に遊びに来たのに、その中の一部がナンパをして空気が悪くなるということも考えられますから。


ナンパについての詳しいやり方については、海で女の子をナンパする方法に記載してますので、よろしければこちらもご覧ください!

海での遊びまとめ

海での遊び方はこれだけでなく、まだまだ無数にあるのですが今回は特別な技術を習得する必要もなく、なおかつ価格を抑えた遊び方を紹介いたしました。
海での遊びと言うのは、日常の鬱憤から解放されますので、誰でも盛り上がる事間違いなし!元々仲が良いグループであればさらに絆が深まって行くでしょうし、まだまだ知り合ったばかりのグループであったとしても心の溝が一気に縮まるはずです。