s_IMG_0096a_1

夏と言えば海ですよね!
そして海と言えば男女ともに露出が増える場でもあります。


もちろん全員がそうとは言いませんが、女の子だけで来ているグループはナンパ待ちの可能性が大!?特に可愛らしくセクシーな水着を着ているような女の子は積極的にアタックしてみる価値ありですよ!


でも、日本人ってナンパの文化あまり根付いていないし、変な風に思われたりしないかな・・・?
全く相手にされなかったり、気持ち悪がられたらどうしよう・・?という方も少なからずいらっしゃるのでは?


今回の記事ではそのような方のために、海で女の子にナンパをする方法の秘訣を私なりに考察をしていきたいと思います!

スポンサーリンク

自信を持って堂々と行いましょう

ナンパをすることに慣れている方なら心配はありませんが、ナンパ初心者の方はやはり最初の一歩を踏み出すことが重要です。


例えば、あなたが女性でナンパ待ちだと仮定してみましょうか。まず最初にあなたの前に訪れたのはとても爽やかでしっかりと自分の目を見ながら笑顔で話しかけてくれる人。次に現れたのが、猫背でどことなく声も震えているし笑顔が引きつっていてこちらと全然目を合わせようとしない人。


どうでしょうか?恐らく9割近くの人が最初の笑顔が爽やかで自信を持った人の方を選ぶのではないでしょうか。
やはり自信というのは大事でして、女の子側からしてみれば、この人なら自信に満ち溢れているし一緒にいても楽しそうだな!と思ってくれることでしょう。一方、もじもじした態度でいかにも女の子慣れして無さそうな人に誰がホイホイ付いて行くのでしょうか?


一部の母性本能が強い女の子に巡り合えれば話は別かもしれませんが、大抵はごめんなさいと言われるはず。女の子からしたって、この人は自分をリードしてくれるのだろうか、とか一緒にいても気まずくなりそうだな、と感じてしまい拒否反応を示す事でしょう。


第一印象が大事ですよ!大きな声で、という訳ではありませんが、しっかりと相手に通る声で爽やかに話しかけることで最初の壁を乗り越える確率はグンと高まります!

出来ればある程度の筋肉は欲しい



今回のナンパは街中ではなく海を前提としています。さすがに海まで来て上半身裸にならないことはないでしょうから、大抵ナンパをするときにも服を脱いでの声掛けになると思います。


服を脱いだあなたは女の子から見て、基本的に4種類の体型で評価されると思って下さい。それが

  • ガリガリ
  • 細マッチョ
  • ゴリマッチョ
  • ぽっちゃり(デブ)
  • です。


    やはり、今1番モテる体型は細マッチョですよね~。
    結局交流を深めて行くのであれば、最終的に体型は言うほど関係なくなってきますが、第一印象を重視するのであれば、適度に筋肉がついており脂肪が少ない細マッチョが無難ですね。
    しなやかで適度に付いたあなたの筋肉にきっと女の子たちはキャーキャー言うはず!その上爽やかであればもう言う事はありません。第一印象については完璧です!


    ガリガリは細いからいいじゃないか。似合う服がたくさんあるし、問題ないのでは?と思われるかもですがここが海であることを忘れてはいけません。確かに街中であれば、お洒落な服に中身のガリガリの身体が保護されているので、服が似合っている似合っていないで判断されますが、ここではそのルールは通用しません。


    女の子は筋肉がないガリガリなあなたの身体を見て、「子どもかな?何だか頼りないなー」と感じてしまうことでしょう。


    逆に、筋肉量が多く脂肪も多めのゴリマッチョは女の子に恐怖感すら与えてしまう事があります。さらに、笑顔もなく淡々とナンパしていたんでは恐怖で気絶してしまうこともあるかもしれませんよ?
    ですが、その恐怖を逆手にとって、実はお茶目でひょうきんもの!とかだったりするとゴリマッチョの肉体から放たれるそのギャップと、恐怖から解放された安心感によって一気に心を開いてくれたりも?


    ただ、ゴリマッチョは身体が大きいですので、距離感については気を付けなくてはいけませんね。華奢な女の子から見たあなたはまさに岩石ですから。仮にも2m超えの体重150kg超の筋肉の塊がヌッ!って現れて急に「ハロー」とか言い出したら怖いですもんね。(笑)ゴリマッチョの方は、あくまで物腰低く謙虚に行きましょう。


    そして最後にぽっちゃり(デブ)の場合なんですが・・。人にもよりますので一概には言えないですが、上記の4つの中では下手したら1番女の子受けが悪い体系でもあります。想像してみて下さい。ナンパをしようと近づいてきた男の腹が歩くたびにポヨンポヨンと波打っていたら。私であればちょっと笑ってしまうかもしれませんね・・。ちょっとだらしなくないですか?(笑)と。


    多少のぽっちゃりであれば、目を瞑って接してくれるかもしれませんが、内臓脂肪ドーーーンのいわゆるメタボ体型だとまずナンパは成功しないと考えてもいいかもしれません。お腹にどっぷりと脂肪が付いているのであれば、逆にそれを利用してネタキャラとして思い切って見てもいいかも。ただ、諸刃の剣ですけどね。大受けしてくれるか、ドン引かれるかの2択だと思って下さい。


    やはり、万人受けするであろう身体は細マッチョでしょうかね今の日本では。
    ダンベルを使っての筋力トレーニングや、走り込みをして女の子が望む様な適度な筋肉を備え付けておくと掴みはいいかも!



    スポンサーリンク



    下心は見せない



    あなたのナンパの最終目標が何であろうと、いきなり下心を見せていたんではいつまで経っても成功しないでしょう。


    なぜなら、お互いに普段から露出度が高めである水着を着用しているからです。女の子側からしたら海でナンパしてくるっていう事は体目的なのかな?といつも以上に警戒されがち。


    まずは話し方や仕草などを判断材料に、人となりを見てからナンパに付いて行くのか、拒否をするのかの見極めをしている段階です。この状態でいきなり体を舐めまわすように凝視をしたり、下ネタをぶっこむのはもってのほかですよ!そんなことをしたんでは一気に信用が失われ、色んな口実をつけて笑顔でさようならと告げられてしまう事でしょう。


    急がば回れと言います。ナンパをする時は下心は見せずにあくまでも紳士的な態度を心がけるようにしたいですね。

    ナンパにユーモアセンスを入れる



    紳士的なナンパを心がけましょう!とは言ったものの固すぎるナンパも女の子側からしたら退屈な物。特にナンパ待ちで海に来ている女の子は“刺激”を求めていることがほとんどですので、まずはあなたの持っているユーモアを交えた声掛けをしてみるといいですね。


    一発ギャグでもいいですし、話しがある程度進んできたのであれば女の子が身に着けているサングラスや帽子をお借りして、「どう、似合うかな?」とおかしなポーズを決めて笑いが起これば一気に心の距離は縮まるはず!


    こうなればもうこっちのペースですよ。楽しい会話を続けてさえいれば、きっとあなたに引き込まれていくはずです。やはり女の子というのは面白い人が大好きです。予め一発ギャグを披露する前に、女の子の友人にこのギャグをかましても大丈夫かな?と反応を見てもらってから行うと良いでしょう。


    海でナンパをする方法まとめ



    海でのナンパは成功率が高く、毎年多くの男女が海からの交際に発展しているようです。


    そのため、海ナンパはナンパ初心者でも割と高い成功率を誇る方法となっております。ただ、やはり成功しやすいとは言えどナンパは緊張するもの。いきなりナンパに挑戦して失敗したら・・と考えてなかなか一歩が踏み出せないような人もかなり多いようです。


    ですが失敗したっていいんです。確かに失敗したら、恥ずかしさと惨めさで心がどうにかなっちゃいそうです。私も経験をしたことがあるので痛いほど分かりますよ・・。(笑)特に失敗した日の寝る前とかやばいですもんね。ほんと発狂したくなります。


    でも失敗を繰り替えして人は成長して行くもの。ナンパを繰り返していけばいつかは物怖じせずとも躊躇なく女の子に話しかけられているあなたがいるはずです。


    もしも、ナンパを全くしたことが無いという方であれば、ナンパ慣れした友人とタッグを組んで挑戦してみるといいかもしれないですね。ナンパの達人に場を盛り上げて貰って、自分もその流れに乗って「ウェーーイww」って言ってれば大抵は上手くいくことでしょう。一人でも大丈夫なように、予めナンパ慣れした友人に海ナンパの極意的なものを教えて貰うのもありですね。


    やはりナンパは声を掛けないことには出会いは起こりませんよ!勇気がいることですが、自信を持って飛び込んでみれば案外あっけなかったなんてこともあります。(笑)頑張ってトライしてみて下さいね♪